心理分析家の恋愛リロン

1,000人以上の恋愛の臨床心理を行ってきた心理分析家が、恋人を本当に幸せにする方法を紹介します。

高学歴の恋愛事情。低学歴と高学歴の恋愛はどうなる?学歴の溝の恋愛リロン。

今までに1,000人以上の心理分析を行ってきてた心理分析家が、高学歴の恋愛と、低学歴の恋愛について説明します。

 

高学歴の恋愛の特徴として、初めて異性と付き合うのが遅く、初体験も遅いです。

その理由は、中高一貫の男子校や女子高で異性と触れ合う機会が少ない

奥手で異性に積極的にアピールできないなどの理由が考えられます。

 

また、人間が(特に男性)が勉強を頑張る理由は、異性にもてたい、付き合ってみたいという

未知の世界への探求心によるものです。

 

人は、まだ見ぬ素敵な未来のためにならすごく頑張れるのです。

高校生の頃に異性と付き合って、エッチもしてしまうと達成感や「こんなものか」と思ってしまうことにより

未来が見えて頑張るのをやめてしまうことがあります。

 

その結果、受験勉強も頑張るのをやめてしまいます。

 

実際に、男子校や女子高では共学の高校と比べて、成績が良いというデータがあります。

 

高学歴で高給取りの女性は、モテません。

お金目当ての男性は寄ってきますが、男性は自分より稼ぐ女性は嫌だし、女性っぽさを感じないからです。

 

高学歴で高収入の男性は、スペックではモテます。

しかし、有名大手企業に勤めている男性、特に出世コースを邁進したければ、上司に滅私奉公して絶対服従する必要があります。

そうすると、全身から下っ端感が漂い、女性からモテない雰囲気になります。

 

一方で、有名大手企業に勤めていて、社内に有力なコネクションもないのに男性ホルモンを出してふるまうと、ありとあらゆる方法で上司からいじめられます。

その結果、男性ホルモンはカスっカスになります。

 

男性は、髪形を借り上げて冴えないおっさん風になり、少し小太りになってくると、上司から可愛げがあると気に入られ、社内関係が良好になります。

日系の超大手企業、三菱商事や都市銀行、トヨタ、日立、日本生命など、組織が大きいほど一人ひとり個人の影響力は小さくなり

いかに上司に気に入られるかが勝負になります。

彼らは、一歩外に出ると第一印象では全くモテませんが、業界内では若手社員がなんでも言うことを聞いてくれるため

いっそう出世を目指してどっぷり会社に浸かっていきます。

 

超大手企業の勤める男性は、受験勉強や就職活動、社内でのごますりを今まで頑張ってきたためサンクコストのかけ方が半端ではないです。

そのため、プライドが高く、女性とも上から目線で話してしまうことが多いです。

風貌もおっさん風になり上から目線で話してくるとなれば、まとも女性はよってこず、お金目当て優位な女性が残るようになってしまいます。

 

 

女性の場合は、事務職的な立場で入社すると、しばらくして自分は総合職社員や営業担当者などのストレスを受け止める存在であることを理解し始めます。

私は、「ホステスか何かか?」と思うかもしれません。

また、仕事に対して腰掛け的態度であったり、若々しいファッションをしていると、お局さんに目をつけられていじめられます。

一方で、若い時代にファッションを楽しみたい、遊びたいのを我慢してサンクコストをささげ、30歳くらいになってしまうと、これまたとんでもなくプライドが高くなってしまいます。

結婚していないと、若いときのようにチヤホヤされず社内での居心地も悪くなりやめてしまう人も多いです。

プライドが高く高給取りの女性は、男性に恐怖感を与えてしまうため、モテません。

ダメ男が寄ってくるようになります

 

恋愛リロンでは、この恋愛のギャップを解消すべく、ひとつひとつの恋愛リロンのエッセンスをnoteで公開しています。

noteがセットになったマガジン、予想以上に売れています。

note.mu

自営業者、個人事業主、フリーランスの彼氏との恋愛、結婚!心理分析家が説明するカエルの子はカエルの恋愛リロン。

彼氏が会社勤めのサラリーマンではなく、自営業者やフリーランスで、将来を不安に感じている人に、心理分析家が、カエルの子はカエルの恋愛リロンをご紹介します。

 

彼氏が自営業者であることの不安要素は何でしょうか?

・ 収入が不安定

・ 病気になったときに収入が保証されない

・ 厚生年金がもらえない

・ クレジットカードが作れない

などでしょうか。

 

自営業者のメリットはなんでしょうか?

・ 能力によって大きな収入を見込める

・ 定年なく働ける

・ 自由に行動、決裁ができる面が多い

・ 上司や会社の考え方に縛られない

・ 時間に融通が利き子育てしやすい

などが考えられます。

 

メリットデメリットはケースバイケースですが、日本の労働人口ではサラリーマンの方が自営業者よりも圧倒的に多いため、多数派のポジショントークとしてサラリーマンの利点が強調される側面は考慮する必要があると考えます。

人は、自分がサラリーマンであれば、自分が正解だと主張したいものだからです。

 

さて、ここまで自営業者とサラリーマンの違いを簡単に述べましたが、私は、あなたの親はどっちですか?ということが最も重要だと考えています。

 

自営業者(ここでは、従業員100名以下程度の中小企業のオーナー経営者までをイメージしています。税理士などの士業も自営業者に近いです。)と、サラリーマンでは価値観が全然違います。

説明が難しいのですが、お金に関する感覚が違います。

自営業者は、お金は自分で稼いでくるもの、とってくるものと考えますが、サラリーマンは会社からもらうもの、会社に滅私奉公し、真面目に頑張れば与えられるものと考えています。

自営業は、まじめに頑張っても、結果が全て、ダメなものはダメと市場を通して理解しています。

まじめに商品を作っても売れないものは売れないのです。

そのため、自営業の子供は、頭が良くても素行に問題があったり、やんちゃな子が多い傾向にある印象を受けます。

サラリーマンの子は、人に迷惑をかけずに一生懸命に頑張れば報われるという価値観で育てられるため、一定の枠から外れない、素行の良い子供が多い印象を受けます。

もちろん個人差が大きいです。

 

子供のころの親とのコミュニケーションを通して、どちらかのお金に関する価値観が無意識に染みついているはずです。

通常であれば、20歳前後まで親と同居してその価値観を植え付けられます。これを20年分のサンクコストと考えると、サラリーマンの価値観を自営業者の価値観に変換するには、もう20年、年齢でいえば40歳ころになってやっと慣れてきます。

この間の20年間は、考え方の変換を強いられますので、苦痛を伴います。

 

サンクコストとは?サンクコストの重要性については以下で説明しています。

男が自殺するほど女性を追いかけてしまうリロン|心理分析家の恋愛リロン|note

 

そのため、私は彼氏が自営業者かサラリーマンかによるメリット、デメリットの差よりも、価値観を変えることのほうが、そそいだサンクコスト(長年にわたり身に着けてきた価値観)が大きいため困難さを伴うと考えています。

 

親が経営者であれば、子供も自分で起業する確率はサラリーマンの子供よりも高いというデータがあります。

(↓参考:日本政策金融公庫 「企業意識に関する調査」p.6)

https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_140109_1.pdf

 

これは、親から無意識に自営業者の価値観を植え付けられているため、成功をイメージしやすいからです。

 

恋人が、自営業者である場合は、まずこの価値観の違いを理解することが大切です。

 

 

キャバ嬢、風俗嬢、夜の女性はどの職業よりも最も落としやすい恋愛リロン

キャバクラなど、夜の世界で働いている女性は、派手で、男性の扱いが上手く、彼女にするのは難しいと思っていませんか?

 

恋愛リロンを知っている人であれば、キャバ嬢ほど落としやすい職業の女性はいません。

 

なぜなら、人気のあるキャバ嬢ほど、多くの男性に言い寄られており、その他の男性との差別化が可能だからです。

 

男性は、女性にモテたくて仕事を頑張ったり、起業しようとします。

そして、頑張って受験勉強を乗り越え、エリート企業に就職した人、叩き上げで自分で事業を興し、財産を築いた人は、自信満々に女性と接するようになります。

自信は、とても大切で、人を魅力的にしてくれます。

しかし、その自信はどこからきているでしょうか?

競争に勝ってきたという自信、誰よりも頑張ってきたしこれからも頑張れるという自信であれば構いませんが、「お金を持っている」であれば問題です。

 

エリート会社員や起業家は、成功してお金持ちになるまで、受験勉強や営業などでとても苦労しています。

そのため、サンクコストにより、自分は苦労してお金を稼いだ=お金には価値があると強く信じる傾向にあります。

 

価値の高い「お金」を持っていれば、誰でもいうことを聞いてくれ、何でも手に入ると思いがちです。なぜならお金を得るために人一倍サンクコストを注いでいるからです。

 

そして、女性にお金を使って破滅していきます。

美人な女性や、人気のある女性であるほど、男性はお金持ちになってフル装備してから挑もうと考えてしまいます。

しかし、彼女たちが本当に求めているのは●●です。

 

↓で公開しています。

note.mu

 

 

合コンでモテる男性の特徴とは?借金が多ければ多いほど合コンでモテる恋愛リロン。

今までに1,000人以上の恋愛相談を受けてきた心理分析家が、合コンでモテる男性の特徴を説明します。

 

合コンでは、第一印象の勝負になります。

合コンでは、商社や銀行マン、公務員などエリート男性がモテるのではないかと思うかもしれません。

しかし、彼らは、日ごろ上司や客先などからの猛烈なストレスに耐えており、意外と萎縮してしまっていたり、経済的に安定しすぎているため覇気が感じられず、モテないことが多いです。

女性は、頭では彼らは経済的に安定しており結婚相手には良いと理解しているのですが、どうしても本能的に惹かれません。

 

一方で、例えば借金が多い男性はモテます(笑)

なぜなら、頑張って働かないと借金が返済できず、生きていくための熱量が多いからです。

女性は、本能的に男性から発せられる生命力のエネルギーを感じとり、惹かれていきます。

生命力がある人は、目がキラキラしています。

合コンでは、女性はダメ男に夢中になってしまうことが多いのです。

また、エリート男性は、経済力の良さや会社の知名度などから自慢してしまったり、上から目線で話してしまうことが多いです。これでは、第一印象は最悪です。

一方で、ダメ男はお金がないので謙虚です(笑)

そして、根拠のない自信を持っていれば、女性はさらにポーッと惹かれていくことがありまっす。

 

ダメ男が好意をもたれるのは、最初だけでは?と思うかもしれません。最終的にはエリート男性に惹かれてしまうと。

恋愛リロンを知っていれば、そうはなりません。

↓のnoteで説明しています。

note.mu

 

テレビ番組で、命がけで仕事をしているスタントマンと、普通の芸人の二人の汗を、相手の顔も見ずに、どっちがどっちの汗か分からない状態で匂いを嗅いでもらい、良い匂いがする方を選んでもらう、という実験がありました。

結果は、4人中4人がスタントマンの匂いを選びました。なぜだかわからないけど、良い匂いがしたとのことです。

人は死にかけの状態になると、生きるために、生命力のエネルギーがでます。それは、女性にとっては本能的に選んでしまうフェロモンです。

 

公務員や、インフラ系の大手企業に勤めている人たちからは、なんとも覇気が感じられないと思ったことはありませんか?

それは、生活が保障されているからです。頑張らなくてもクビにならず生きていけるので、安定した企業に勤めているとフェロモンが出なくなってしまいます。

そして、相手が好きだからではなく、安定志向の女性からアプローチを受け、結婚に至ることが多いのです。

あなたは、女性から本能的に好かれたいですか?それとも、経済力や安定性目当てにアプローチされたいですか?会社を辞めたら女性も離れていくかもしれませんね。

 

公務員のような安定した職業についてる人は、活動的な趣味を持つことをおすすめします。

無口な男性を落とす恋愛リロン、好きな人が無口、心理分析家が説明する無口な人が本当に求めているモノとは?

無口な男性を落とす恋愛リロンを説明します。

 

無口の男性とデートをすると、最初のうちは男性はあまり積極的に話してくれず、あなたが盛り上げ役や質問役になってしまうかもしれません。

その点、最初は苦労するかもしれません。

しかし、コツさえつかめば無口な男性でもポンポン話してくれるようになり、楽しく会話できるようになります。

そして、無口な男性にとっては、気軽に話せる女性は貴重なため、人一倍仲良く接してくれるようになると思います。

 

まず、無口な男性といるときは、無理に会話を盛り上げようとせず、リラックスすることが大切です。

無口な男性でも、気まずい空気は苦手です。

かといって無理して会話を続けるのも気疲れしてしまいます。

一番良いのは、特に何も話さなくても心地よい雰囲気を、あなたから積極的に作ることです。

それによって、男性も安心します。

 

好きな人が無口な場合は、その男性は内向型、MBTIでいえばほぼ間違いなくE型ではなくI型です。

共通の話題があればよいですが、特に思いつかない場合は、MBTIを手掛かりに相手の考えていることや行動パターン、興味のある話題等を考えてみてください。

MBTIについてはこちらの記事をご覧ください。

エニアグラムと恋愛の関係 - 心理分析家の恋愛リロン

 

相手のことを理解できれば、自然と会話が進みやすいです。

また、緊張していると、必ず相手にもそれが伝わります。

深呼吸して、頭をからっぽに、何も考えないようにしてみるといいかもしれません。

最も良いのは、自分が変性意識状態になり、ラポールをつくってしまうのが手っ取り早いですが、慣れが必要なので、今後別の記事で紹介します。

 

仲良くなってきても、相手が無口だからといって、自分が話し続けていると関係は上手くいきません。

社交的な人は、パートナー以外にも多くの人と社交して自分の考えを吐き出すことができ、上手く感情を分散させる事が可能ですが、無口な人はなかなか自分の感情や考えていることを表に出す機会がありません。

そのため、無口な人だからこそ、自分が聞き役になることも必要です。

どんな人でも、自分の考えや、自分が苦労してきた話、モテた話、武勇伝を他人に聞いて欲しくてたまりません。

無口な人は、普段話す機会が少ないのでなおさらです。

これを、上手く引き出してあげられる人がモテるのです。

無口な男性が好きになるのは、決して話が饒舌な人ではありません。

会話が盛り上がって、自分の話をスラスラとはなせる雰囲気を作ってくれる人です。

 

そういった関係を作った後も、ずっと聞き役に徹していると、ただの良い人になってしまう可能性があります。

そこからは、必ず以下の恋愛リロンを守ってください。

男性はあなたから離れられなくなります

 

note.mu

好きな人から一目惚れされる恋愛リロン、心理分析家が説明する一目惚れをする理由とは?

今までに1,000人以上の臨床心理をおこなってきた心理分析家が、好きな人から一目惚れされる恋愛リロンを説明します。

 

あなたは異性に対して一目惚れをしたことがありますか?

一目惚れにも強度がありますが、なんとなく、この人いい感じだなとか

ルックスが好みであったり、趣味が合いそうと感じて、一目惚れに至ると思います。

 

ちなみに、一目惚れから恋愛し、結婚に至ったカップルは、そうでないカップルよりも離婚率が低いという研究結果があります。

しかし、その理由までは明らかになっていません。

一方で、お見合い結婚は、恋愛結婚よりも離婚率が低いということが分かっています。

一目惚れで結婚した場合は、恋愛結婚になると思いますが、なぜ離婚率が低いのでしょうか?

 

今回は、その理由も最後に説明します。

 

まず、異性に一目惚れするとき、誰もが共通して感じることがあります。

それは、前に会ったことあるような気がする、どこかで見たような気がする、というような懐かしい感覚です。

強い一目惚れの場合は、誰かは分からないんだけど、誰かに似てるなあという気持ちになります。

 

その理由は、人間は誰もが理想の恋人像を無意識の中にイメージしており、それが無意識から意識に呼び起されるため、記憶に眠っていたものが思い出されるような懐かしい感覚になるのです。

理想の恋人像は、フロイトのいう無意識のうちにあるので、自分では意識していませんが、母親や父親であったり、初恋の人、子供の時にみたドラマのヒロイン、漫画にでてくる主人公であったりします。

 

異性を見たときに、その無意識の恋人像と類似すると、無意識から記憶が呼び起され、一目惚れするのです。

 

相手に一目惚れされる方法を2つ紹介します。

一つは、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)を用いて相手の無意識の恋人像を書き換える方法です。

EMDRはPTSD(心的外傷後ストレス障害)を治癒する方法として、優位性が認められている数少ない技術です。

過去に強いストレス(例えば親からの虐待など)を感じ、トラウマになってしまった場合に、その無意識に眠っている過去のトラウマを呼び起して、「実際にはそんなに親から虐待されてはいなかったんだ」と記憶を書き換える(大人になってから、親が虐待に近い怒り方をしたのには合理的な理由があったんだと理解する)ことができます。

異性に一目惚れするのも、無意識から呼び起すという点で、リロンは同じです。

この方法を実際のシチュエーションを想定して説明します。ネットや書籍など他のどこにもこの方法は載っていません。

 

もう一つは、自分自身が相手の無意識の恋人像になる方法です。

一目惚れをしたことがある人は、理解できるかもしれませんが、一目惚れといっても、いつも同じようなルックスの人に対して魅力的に感じるわけではありません。

前は背が高い人に一目ぼれしたけど、今回は背が低い、前は目が切れ長だったけど、今回はパッチリ二重の人などです。

なぜなら、無意識の恋人像は、一人ではなく複数存在するためです。

しかし、一目惚れをされるためには、必ず必要な一つの要素があります。それを説明していきたいと思います。

 

人は異性に一目惚れしてしまうと、強烈な恋愛感情から、多くの時間を費やしてしまったり、お金を貢いだりしてしまいます。関係がこじれると、好きすぎて相手に対して憎しみを覚えたり、失恋の辛さから自殺することさえあります。

 

上記の2つの方法は一定の倫理観のある読者にのみお伝えしたいという考えから、以下のnoteにて公開します。

画像等を用いて具体的に説明しているので、すぐに実践できると思います。

 

note.mu

黄昏研修を受けたおじさんの末路(笑)、奥さんに熟年離婚される人の特徴

今までに1,000人以上の恋愛相談を受けてきた心理分析家が、定年後に奥さんから離婚を突き付けられてしまう人の特徴を説明します。

 

仕事を定年退職してから、熟年離婚される夫婦が増えています。

ほとんどのケースは、女性側が離婚を切り出すケースです。

 

仕事一筋で頑張ってきた男性が、奥様をないがしろにして、家事をすべてまかせっきりであったり、家政婦のように扱っていると、女性側が旦那の定年退職を機に、「もう用なしよ」と言わんばかりに離婚を提示するのです。

これは、専業主婦の女性が多いです。外で働いている女性は、ストレスも発散しやすく、経済的にも気晴らしができますが、専業主婦だとどうしてもストレスをため続けてしまうようです。

 

今まで社内で仕事ができると評判の男性でも、50代になって黄昏研修を受けると驚くほど落ち込みます。

黄昏研修とは、会社から年金についてなど退職後の生活について説明を受けることですが、暗に会社から「もうあなたはいらないですよ」と言われているように感じてしまいます。実際に、一部の企業ではそういった意味合いも込められているかもしれません。

そして、猛烈サラリーマンは、黄昏研修後に元気がなくなったと思ったら急に張り切りだして、部下などまわりの人に強く怒ったり、変に厳しくなったります。

なぜでしょうか?

それは、承認欲求が満たされなくなり、自尊心が低下するからです。

そして、不安になって部下や奥さんに怒りだすのです。そうすると、部下は自分の上司ですから、謝って上司にしたがいます。奥さんも、いつものことと夫をなだめます。

これで、「私は必要とされている。だからみんな話を聞いてくれるんだ」と安心します。

これでは、まわりはストレスをためる一方で逆効果です。

仕事は、人生でたくさんある目標のうちの1つにすぎません。

目標は、妻と楽しい時間を過ごすこと、地域に貢献すること、子供を育てること、趣味を楽しむこと、自己研鑽のスキルアップをすることなど、数えきれないほどあります。

人生のうち、多くの目標を持ち、その目標に向かって進んでいくことが大切です。

そうすると、自尊心はなかなか崩れません。

 

定年後も、趣味などやることがたくさんあり、奥さんからちょっとくらい突き放されてもへこたれないくらい自尊心を高めていれば、上手くいきます。

 

最も危ないのは、夫婦関係が主にお金でつながっている場合です。

金の切れ目が縁の切れ目となってしまいます。

ここで、実は夫婦の関係を形作る際に一番大切なのは、50代の定年退職時ではなく、出会ってまだまもないときです。

 

夫婦の関係性は、二人が出会ってから、付き合う1~3年に構築されます。

今後30年、40年と一緒に暮らしても、将来相手に離婚されるかどうかは、この1~3年の過ごし方でほとんど決定してしまいます。

この期間は絶対に●●をしないことで一生仲良く過ごせることを断言します。

 

その理由は↓の記事を読むと理解できます。

note.mu

 

将来、幸せに二人で生活していくためには、恋愛リロンを知ることが大切です。

後になってはもう遅いのです。

 

 

 

心理分析家が説明するモラハラ男とは?モラハラされたらスグに切るべき恋愛リロン

今までに1,000人以上の恋愛相談を受けてきた心理分析家が、モラハラ男について説明します。

 

モラハラとは、モラルハラスメントのことで、交際している女性を傷つけるような悪口を言ったり、冷たい態度をとることで、自尊心を落とす行為です。

わざとモラハラすることもあれば、無意識にモラハラを行う場合もあります。

 

例えば、交際している女性に対して「元カノは●●なところが良かった」などと、過去の恋人と比べたり、他の異性を比べるような事をいいます。

他にも、デートをドタキャンしたり、デート中に他のことに夢中になることもあります。

相手の自尊心を落とすことで、こちらの立場を高めようとします。

 

モラハラ男は、どちらかと言えば友達が少ない女性や、根暗な性格の異性を好みます。

なぜなら、モラハラ好意をしたときに女性が友達に相談して、客観的な意見を得られると困るからです。

公平なジャッジのない閉鎖的な情報空間で自分のモラハラ意見を通そうとしたがります。

 

モラハラ男性はなぜモラハラをしてしまうのでしょうか?

それは、かなり高確率で、親にモラハラをされて育ったからです。

子供のときに、例えばテストで良い点をとったときしか遊んでくれなかったり、認めてくれなかったりと条件付きの愛情が注がれた場合や、理不尽に怒られた経験がある、または自分の意見を聞いてもらえず親の都合を押し付けられた場合にモラハラ男になりやすいです。

そしてその親は、会社で理不尽に上司に怒られたり、仕事を認められなかった場合に、子供に対しても同じように接してしまったということが多いです。

 

人はそうやって傷つくと、故意または無意識に自分に近い存在に対しても同じような経験をさせたいと思ってします。

そうすると、素直な女性が、モラハラ男の餌食となってしまうのです。

 

モラハラ男の生態については、↓のnoteで更に詳しく紹介しています。

note.mu