好きな人からベタ惚れされる恋愛リロン。

1,000人以上の恋愛の臨床心理を行ってきた心理分析家が、恋人を本当に幸せにする方法を紹介します。

東京は高度に発展したスラム街。資本主義にも勝てる恋愛リロン。

こんにちは、恋愛リロン。です。

東京は、高度なスラム街である理由を説明します。

 

資本主義に毒された煩悩の集まり。またの名を拝金主義という。

東京では、毎日大量の食料が廃棄されています。

発展途上国のように、明日食べるものに困っているということもありません。

それなのに、毎日毎日スーツを着て朝早く出社して、懸命に働いていますよね。

有給もまともにとれず、バカンスを楽しむことができない人も多く存在します。

IT業界などでは、業務が複雑な多重下請け構造になって、仕事が押し付けられています。

f:id:renainoronri:20180909145556p:image

今はデザインが変わりましたが、NTTデータのロゴは、同社を頂点としたピラミッド型の下請け構造を表していると言われていたくらいです。

東京では、みんな見栄をはってお金持ちであると思われたがります。

ガラパゴス化した日本の社会では、日本の伝統的な大企業が今でも「勝ち組」であり、そこでは共産主義国のように新卒一括採用が行われ、年功序列で出社が早い、残業が多いなど会社への忠誠度の順番で出世が決まっていきます。

現時点で、世界の企業における時価総額1位は、アップルです。

他にも、グーグルなどのIT企業が上位ですね。

これらの企業は、新卒でも能力があれば、数千万円で採用します。

日本でも、yahooなどごく一部の企業ですが、新卒に1000万円ほど出すようですね。

しかし、当然マイノリティです。

 

これだけ、恵まれた環境でも、人はお金を求めて朝から晩まで過労死するほど働いています。

東京の大企業では、業務が高度に専門化しているため、細部にこだわれば無限に業務が発生します。

そのため、人の精神力をぎりぎりまで疲弊させる程度に仕事の難易度を調整することができます。

 

これだけ恵まれた環境でありながら、なぜ過労死するほど働いて、なぜ子供を2人育てるのも大変な状況なのでしょうか?

f:id:renainoronri:20180909152039j:image

(ミッションちゃんの大冒険 模造クリスタル)

 

お金を稼ぐために毎日毎日ぎりぎりまで疲弊させられるから、お金に対するサンクコストが膨大にかかってるんですよね。

異常なくらいお金に対して価値を感じるようになってしまいます。

そのため、人を判断する際に、無意識にいくらお金を持っているかで判断するようになってしまいます。

そうやって、高級住宅地に住みたいとか、高級バッグが欲しい、高級化粧品が欲しい。となってしまいます。

お金という煩悩に異常なほど取り憑かれた、スラム街といえます。

欲しいものが、お金か、食料かの違いでしかありません。

 

田舎は、金持ちよりもヤンキー度の強さがヒエラルキーに関係する。

東京が、人間関係のヒエラルキーにお金持ちかどうか、を主眼としているのに対して、地方では、どれだけヤンキー度が強いかという指標が加わってきます。

 

マイルドヤンキーとも呼ばれていますよね。

ヤンキー度が強いことは、地方では幸福な生活に関係しているようです。

 

その理由について、私は地方には東京ほど高度に専門化された職業が少ないからだと理解しています。

地方の仕事はどちらかというと労働集約的な仕事が多いです。

都会の仕事は上述したように、高度に専門化しているため、知識労働者の上司の手にかかれば、無限に仕事を細分化させることができます。

 

一方で、地方の仕事は底が浅いものが多いため、極論すれば仕事を

「やったか」、「やってないか」に二分されます。

専門的な業務であれば、上司は無限に仕事を細分化できるため、気に入らない部下がいれば錬金術のように仕事を作り出し、部下が精神的に疲弊するまで仕事の修正を命じます。

地方の仕事はそこまで業務を細分化することができませんので、理不尽な理由で業務を増やされると、ヤンキー持ち前の押しの強さや、反論を行うことで正当性は証明されます。

そのため、幸福に生きて行くためにヤンキー性が必要となり、ヤンキー度がヒエラルキーを構成する1要素となります。

東京の大企業の専門的な業務では、このヤンキー的な反論は通用しません。

業務が理不尽な押し付けではなく、知識労働者により錬金術的に生み出された正当性のある仕事だからです。

そのため、東京のサラリーマンはぎりぎりまで錬金術により精神を疲弊され、死んだ魚の目で、通勤しているんですね。

 

大企業の仕事は、まるでスコップで穴を掘ってまた同じ穴を埋める作業を延々と繰り返しているようなものです。生気がなくなりますよね。

 

最後に、資本主義の本質を一つお伝えします。

資本主義は、自分の自由な意思で、誰の奴隷になるか選べるシステムです。

会社員として働くなら、上司の奴隷になる必要があります。

家業を継ぐなら、親の言うことを聞かなければなりません。

専業主婦になるなら、夫を支える必要があります。

どれを選ぶかは自分の意思で決めることができます。

 

しかし、恋愛には資本主義の原則は当てはまりません。

人間の感情によるものだからです。

人は、お金持ちだから人を好きになるわけではありません。

本能的に、ビビッときて人を好きになりますよね。

 

↓ 一目惚れをする理由を心理学的に説明しています。

好きな人から一目惚れされる恋愛リロン。心理分析家が説明する一目惚れをする理由とは? - 好きな人からベタ惚れされる恋愛リロン。

 

ここに、資本主義社会の穴があります。

どんなに貧乏でも、好きな人からベタ惚れされると、お金持ちになれます。

男性であれば、社長令嬢と結婚して、婿としてあとを継ぐかもしれません。

女性であれば、男性からとても優しくされながら、専業主婦になったり、生活のためではなく、自分のやりたいことを活かしたのびのびとした仕事に専念することができます。

恋愛リロン。を制するものは、この資本主義社会で勝ちますよ。

 

↓恋愛リロン。をまとめています。

【恋愛リロン。のまとめ】好きな人からずっとベタ惚れされる、心理分析家の恋愛リロン。 - 好きな人からベタ惚れされる恋愛リロン。