好きな人からベタ惚れされる恋愛リロン。

1,000人以上の恋愛の臨床心理を行ってきた心理分析家が、恋人を本当に幸せにする方法を紹介します。

女性を支配する恋愛リロン。

女性が思い通りに動いてくれない。

女性に振り舞わされてはいませんか?

人を強制的に動かせるには限度があります。

人の行動は、強制されるよりも自発的にやる方が何百倍も意思が強いです。

 

言葉にした瞬間、無意識が顕在化し、意味がなくなる。

相手に右に進んでほしいときに、右にいってくれと頼んではいけません。

 

学校の先生、会社の上司も同じことをしています。

生徒に勉強しなさいと言っても勉強しません。

したとしても、いやいやしていれば、頭に入りません。

東大に行きたかったら、自分で参考書を探して、自分で勝手に頑張って勉強します。

出世したかったら、勝手に仕事を頑張ります。

 

恋愛でも同じです。

「俺はこんなに君のことが好きなんだ」

と言っても意味がありません。

「俺は仕事ができる」

と言っても、何も伝わりません。

向こうはそう思っていないからです。

 

相手がそう思っていないことを押し付けるのは、相手の価値観を否定してしまうことになります。

人間は、どんなに優しい人でも、否定を受け入れることはできません。

真面目に否定を受け入れ続けると、髪の毛が抜けたり、蕁麻疹が出たり、自殺したりします。

それを防ぐために、否定されるとストレスを受ける仕組みになっていて、否定を避けるようになります。

 

恋愛において、ほとんどの人が相手に何かを強制させてしまっています。

 

恋愛においては、やはりルックスが良い、肩書があるなど、第一印象が良い人はどうしても有利です。

相手が第一印象で好意をもって、自発的に近づいてくるからです。

最低限、身だしなみは清潔にする必要があります。

 

第一印象のスペックが良くない人は、どうしてもお金やプレゼントなどで無理やり興味を引くことになってしまいます。

 

そうすると、先ほど述べたように女性の価値観の否定になってしまい、ストレスを与えてしまいます。

はっきり言って、相手に仕事ができると思われていないなら、

「俺は仕事ができない」

不細工なら、モテてきた自慢をせずに、

「不細工だからモテない」

と言った方が、相手にストレスを与えない分マシです。

 

不安があるから、お金を使ってしまいます。

モテない人は、強制して、否定してしまうからモテないのです。

 

最初からスペックが高いと、相手が自発的に好意を持ってくれるので楽です。

そのあとに、引いて追いかけてもらえばいいのです。

 

しかし、第一印象をクリアした後、一番価値が高いのは、手に入りそうで手に入らないものです。

このフェーズまでくると、ルックスが良かったり経済力のある男よりも、あなたは価値の高い存在になります。

常に50%の距離感で、手に入るか入らないかの距離にいてください。

 

女性とケンカをしたときは、100%相手が悪くても、相手を否定しないでください。

怒った理由を聞いて、話してくれてありがとう、そんな気持ちにさせてごめん。

これだけでいいです。

否定してはいけません。

 

これで、相手に自発的に反省してもらいます。

怒っても、強制的に相手を反省させることはできません。

 

デートでは、1次会で盛り上がって、2次会に行くだろうという場面で、帰ってください。

仲良くなっても体を求めないでください。

雰囲気が良くなって、距離を近づけるにはここしかない。

エッチをするタイミングはここしかない。というタイミングで、断って家に帰ってください。

 

人間は、相手のことを考えれば考えるほど、自発的に行動して追いかけるほど、もう後戻りはできなくなります。

プロスペクト理論です。

追いかければ追いかけるほど後戻りはできなくなります。

自分の自発的な行動、選択が間違っていると思いたくないのです。

損したくないと思って抜けられなくなります。

 

そして、後日もう一度あって、今度こそ雰囲気が良くなってエッチのタイミングだ

というところで、ラブホテルにいって、30分くらい話して

「じゃあ帰ろう、気を付けてね」と言って帰ってください。

 

相手は頭がおかしくなります。

パチンコにハマって抜けられない兄ちゃんや、ホストにハマる女性、麻薬をやめられない芸能人のように、抜けられなくなります。

 

こうやって相手が追いかけてきたときに、更に深みにはめてしまう方法があります。

 

これは危険なので、有料noteに書いています。

 

note.mu

 

何度も言いますが、相手にアピールすることは、相手の価値観を否定してしまうことにつながります。

これを知っているだけで、ほとんどの人と差別化できます。

 

自発的に行動してもらう威力は強烈です。

自分の行動を途中でやめることは、すごくストレスだからです。

相手に決められたことを変えるのもストレスですが、自分が自発的に選んだことを間違っていたと判断して、やり直すことは更にストレスなのです。